シール・ラベル印刷 新潟のパイオニア

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

シールは何枚のロットから出来るの?

ステッカーになると1枚からでも出来ますが、単価として考えると物凄く高いステッカーになってしまいます。これは1枚作るのも100枚作るのも、固定費用として同じ版代が発生するのと、原紙は100m単位になっているため、どうしてもこの長さが必要になるためです。これを考えると、ステッカー等であれば100枚からが良いでしょう。
同様に、シールやラベルになると1000枚位からが適当と思われます。但し、これも1枚の大きさと使用する色の数によって変わってくるためこの枚数!と言う正確な数字はないのが実情です。

しかし、お見積りをする段階では枚数は必ず必要になってくるため、お見積りを御依頼の際は必ず枚数を教えて頂けるようお願い申し上げます。

Back To Top

シール、ラベル、 ステッカーの違いは?

これは難しい問題で、どれも同じ粘着紙印刷になります。ですが、簡単に考えると次のようになります。

●シール
スーパーなど食料品店で品物に貼ってあるワンポイント的なものです。例えば2割引!とか。(個人的には「半額」が好きです(笑))

●ラベル
その商品において「顔」的な役割を持つものと考えて下さい。例えば日本酒や焼酎の瓶に貼ってあるもの等です。(ここで「醤油のビン」と言わないところがミソです(笑))

●ステッカー
これは主に屋外用と考えて下さい。車に貼ってあるもの、看板に貼ってあるもの等があります。

Back To Top

色はどんな色があるの?

基本的にはどんな色でも可能です。これは、色と色を混ぜて他の色を作る「調色」で可能ですが、色校正と実際のシールとでは微妙に色が変わる場合があります。
これはプリンターで出力した校正の色と印刷の色とでは、インクの色調が違う為に起こります。もちろん、可能な限り双方の色は近づけますが、若干の誤差はご了承下さい。しかし、この調色が印刷技士の腕の見せ所でもあります。

Back To Top

どんな紙があるの?

これも、本当にいろいろあります。紙、ビニール系、ポリプロピレンやポリエステル、和紙など、多種多様にわたります。それぞれの用途に応じて、それぞれの紙があります。
シール、ラベル、ステッカーを作るときには、必ず「どこに貼る?」
「屋内?屋外?」かを明確にした方がスムーズですし、良いシールが完成します。

Back To Top

形はどんな形でもできるの?

できます。但し、シールをその形に抜く「抜き型」がない場合は、この「抜き型」を特注で作らないといけませんので、費用の中に「抜型代」が発生します。
円形や四角形の場合は、この抜き型代もそんなに高いものではありませんが、例えば人の形をしているような物だと、かなり高いものになります。もちろん、抜き型の在庫があれば、この費用は発生しません。

Back To Top

デザインは?

基本的には、お客様の意向を最大限に組み入れたものになります。ですが、その中には印刷技術で不可能なものもあります。
この場合、お客様と打ち合わせを行い、出来るだけご希望のデザインに近づけるようにします。
また、まったく初めからシールを作る時には、ラフ書きで構わないので、イメージを用意しておいて頂けると非常に助かります。

Back To Top

費用はどんな種類があるの?

これには、変動費用と固定費用と言う2種類があります。変動費用とは、原紙代と印刷工賃です。これに対して固定費用は、版代や抜き型代です。
変動費用は枚数や色数で変動するものなのでいくら、と言う数字が出せません。
固定費用はシールやラベル、ステッカーを作る上で、最初の1回目のみ発生します。これは途中で改版がない限り、版代は発生する事はありません。
抜き型代は、弊社に在庫があれば発生しませんが、在庫がない抜き型や特殊な抜き型だと発生しますので、ご理解頂きますようお願い致します。

Back To Top

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 025-285-0356 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社 グリーンシール All Rights Reserved.
Designed by FIT inc.